⑤構文

スポンサーリンク

本当にわからないとこがあった場合一人では解決できません。
『teratail』とはエンジニア特化型のQ&Aサイトです。 すべてのエンジニアさんが抱えている悩みを共有して 解決するための質問サイトです
無料なのでまずは登録して使ってみてください。メールアドレスだけで登録可能です ----------------------------------------------------------------------------------------

SQL – 構文



SQLの後には、Syntaxと呼ばれる独自のルールとガイドラインがあります。このチュートリアルでは、すべての基本的なSQL構文をリストアップすることで、SQLを簡単に理解していきます。

すべてのSQL文は、SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE、ALTER、DROP、CREATE、USE、SHOWなどのキーワードで始まり、すべての文はセミコロン(;)で終了します。

ここで留意すべき最も重要な点は、SQLは大文字と小文字を区別しないということです。つまり、SELECTとSELECTはSQL文で同じ意味を持ちます。一方、MySQLではテーブル名に違いがあります。ですから、MySQLで作業している場合は、データベースに存在するテーブル名を指定する必要があります。


SQLのさまざまな構文

SQL SELECTステートメント

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name;

SQL DISTINCT句

SELECT DISTINCT column1, column2....columnN
FROM   table_name;

SQL WHERE句

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name
WHERE  CONDITION;

SQL AND / OR句

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name
WHERE  CONDITION-1 {AND|OR} CONDITION-2;

SQL IN句

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name
WHERE  column_name IN (val-1, val-2,...val-N);

SQL BETWEEN句

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name
WHERE  column_name BETWEEN val-1 AND val-2;

SQLのLIKE句

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name
WHERE  column_name LIKE { PATTERN };

SQL ORDER BY句

SELECT column1, column2....columnN
FROM   table_name
WHERE  CONDITION
ORDER BY column_name {ASC|DESC};

SQL GROUP BY句

SELECT SUM(column_name)
FROM   table_name
WHERE  CONDITION
GROUP BY column_name;

SQL COUNT句

SELECT COUNT(column_name)
FROM   table_name
WHERE  CONDITION;

SQL HAVING句

SELECT SUM(column_name)
FROM   table_name
WHERE  CONDITION
GROUP BY column_name
HAVING (arithematic function condition);

SQL CREATE TABLEステートメント

CREATE TABLE table_name(
column1 datatype,
column2 datatype,
column3 datatype,
.....
columnN datatype,
PRIMARY KEY( one or more columns )
);

SQL DROP TABLEステートメント

DROP TABLE table_name;

SQL CREATE INDEXステートメント

CREATE UNIQUE INDEX index_name
ON table_name ( column1, column2,...columnN);

SQL DROP INDEXステートメント

ALTER TABLE table_name
DROP INDEX index_name;

SQLのDESC文

DESC table_name;

SQL TRUNCATE TABLEステートメント

TRUNCATE TABLE table_name;

SQLのALTER TABLEステートメント

ALTER TABLE table_name {ADD|DROP|MODIFY} column_name {data_ype};

SQLのALTER TABLE文(名前の変更)

ALTER TABLE table_name RENAME TO new_table_name;

SQL INSERT INTOステートメント

INSERT INTO table_name( column1, column2....columnN)
VALUES ( value1, value2....valueN);

SQL UPDATEステートメント

UPDATE table_name
SET column1 = value1, column2 = value2....columnN=valueN
[ WHERE  CONDITION ];

SQL DELETEステートメント

DELETE FROM table_name
WHERE  {CONDITION};

SQL CREATE DATABASEステートメント

CREATE DATABASE database_name;

SQL DROP DATABASEステートメント

DROP DATABASE database_name;

SQL USEステートメント

USE database_name;

SQL COMMIT文

COMMIT;

SQL ROLLBACKステートメント

ROLLBACK;




前のページ④第一正規化第二正規化第三正規化

次のページ⑥データ型

スポンサーリンク

プログラミングは独学からは挫折の可能性が高いです。まずは無料体験ができる
コードキャンプが本当におすすめ。無料体験でわからないところを聞きましょう。
転職補助つき。カリキュラム終了後に転職紹介をしてくれます。