> ①制約 – ネットワークエンジニアチュートリアル

①制約

スポンサーリンク

無料でプログラマへ!30歳までなら無料でプログラミング学校に通うことが出来ます。下の画像をクリックして無料相談会でGO!

制約




制約は、表のデータ列に適用される規則です。これらは、テーブルに入ることができるデータのタイプを制限するために使用されます。これにより、データベース内のデータの正確性と信頼性が保証されます。

制約は、列レベルまたは表レベルのいずれかになります。列レベルの制約は1つの列にのみ適用され、表レベルの制約は表全体に適用されます。

次に、SQLで使用可能な最も一般的に使用される制約のいくつかを示します。これらの制約はSQL-RDBMSの概念の章で既に説明してい ますが、現時点で修正する価値はあります。

  • NOT NULL制約 – 列にNULL値を設定できないようにします。
  • DEFAULT制約 – 列が指定されていない場合、列のデフォルト値を提供します。
  • UNIQUE制約 – 列内のすべての値が異なることを保証します。
  • PRIMARYキー – データベーステーブル内の各行/レコードを一意に識別します。
  • FOREIGNキー – 特定のデータベーステーブルの行/レコードを一意に識別します。
  • CHECK制約 – CHECK制約は、列内のすべての値が特定の条件を満たすことを保証します。
  • INDEX – データベースから非常に迅速にデータを作成し、検索するために使用します。

制約は、CREATE TABLEステートメントを使用して表を作成するときに指定することも、表を作成した後でもALTER TABLEステートメントを使用して制約を作成することもできます。

制約の削除

定義した制約は、DROP CONSTRAINTオプションを指定したALTER TABLEコマンドを使用して削除できます。

たとえば、EMPLOYEES表に主キー制約を削除するには、次のコマンドを使用します。

ALTER TABLE EMPLOYEES DROP CONSTRAINT EMPLOYEES_PK;

実装によっては、特定の制約を削除するためのショートカットを提供するものもあります。たとえば、表の主キー制約を削除するには、次のコマンドを使用します。

ALTER TABLE EMPLOYEES DROP PRIMARY KEY;

いくつかの実装では、制約を無効にすることができます。データベースから制約を永続的に削除するのではなく、一時的に制約を無効にしてから後で有効にすることができます。

整合性制約

整合性制約は、リレーショナル・データベース内のデータの正確性と整合性を保証するために使用されます。データの整合性は、参照整合性の概念によってリレーショナルデータベースで処理されます。

参照整合性(RI)で役割を果たしている多くのタイプの整合性制約があります。これらの制約には、前述の主キー、外部キー、一意の制約、およびその他の制約が含まれます。


次のページ②結合

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアになりたければ下記から無料相談会に参加!
なんと無料で授業を受けれてエンジニアになれます

投稿日:2017-09-19 更新日:

執筆者: